SEOってどうすればいいの?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、インターネットのサーチエンジンの検索結果において、自らが作ったウェブサイトをなるべく上位に表示されるように工夫することを言います。

自らが制作・公開したウェブサイトを多くの人に見てもらうためには、なにより検索エンジンからの訪問者を増やすことが最重要となります。
インターネット上にある検索エンジンはそれぞれ独自の方式で表示順位を決定しており、その厳密な順位付け方法は公開されていません。

そのため「何をどうしたら検索エンジンで上位に表示されるようになる」という確実な方法はありませんが、統計を取ることによりある一定の法則までは判明しているようです。
その一定の法則に適応したホームページを作ることで、検索エンジンでなるべく上位に表示されるようにしようと試みるのがSEOの目的となります。

具体的にはSEO対策って何をすればよいの?

具体的は方法としては、「特定のキーワードをホームページ内に盛り込むことで、そのキーワードで検索した人にヒットしやすくする」「より多くのサイトとリンクを繋ぐ」といったものがありますが、どれか一つだけを過剰に対策しても効果はあまり表れないと言われています。

そんな中で、最も確実なSEO対策として「コンテンツを充実させ、多くの人に認知してもらい着実にアクセス数を増やしていく」というものがあり、まずはこのやり方でホームページ制作をしていくのが王道と言われています。
「小手先のやり方だけでは大成はありえない」と言った所で、まずは良いホームページを作り訪問者を少しずつ増やしていくのを目標とするのが一番のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です